雨の日でも南の島を感じられるお出かけスポット。夜光貝アクセサリーを作ろう

体験記

雨の日の徳之島。青い海は次回にお預けでも、南の島を感じられる体験がしたい。そんな南の島・徳之島ならではの体験、夜光貝磨きができるお店「夜光貝工房ブルーシェル」をご紹介します。

夜光貝ってどんな貝?

夜光貝は、サンゴ礁域に生息する大型の巻貝です。日本では主に奄美大島より南の暖かい海に生息しています。厚い貝殻の内側には真珠層があり、その真珠層部分を磨くと美しい虹色に輝きます。そのため夜光貝の貝殻は、昔から貝細工や螺鈿(らでん)細工に使われてきました。また夜光貝の身は、刺身やバター炒めなどで食べると美味しく、徳之島の居酒屋では定番のメニューです。

幻想的な光に包まれた温もりある工房

この夜光貝の貝殻を使ったランプやアクセサリー、印鑑などを製作・販売しているのが、徳之島町亀津にある「夜光貝工房ブルーシェル」です。

オーナーで夜光貝職人の梅山良仁さんは、40年ほど前から漁師をしながら、夜光貝を使った作品を製作してこられました。ひとつひとつ手作りで、丁寧に仕上げられた夜光貝アクセサリーや印鑑は、徳之島町のふるさと納税返礼品としても人気です。

青いフラッグが目印の工房内には、徳之島の海で獲れた夜光貝ほか、美しい貝で作られた梅山さんの作品が飾られています。夜光貝ランプの幻想的な光に包まれたその空間は、まるで海の底に潜り込んだよう。時間がゆったり穏やかに流れるように感じられる、温もりある工房です。

夜光貝磨きを体験しよう!

ブルーシェルでは、夜光貝を磨いて、ネックレス、ネクタイピン、キーホルダーなどのアクセサリー作りが体験できます。アクセサリー用に切り出された夜光貝を水に濡らし、目の粗いものから仕上げ用まで5種類サンドペーパーを使い磨いていきます。貝殻の曲面に沿って、細かな箇所まで丁寧に磨いていきます。磨き方や力加減などがわからない初めての方やお子さんでも、梅山さんがサポートしてくださるので大丈夫。楽しくおしゃべりしながら手を動かしてくと、夜光貝がだんだんとツヤツヤに輝いてきます。この磨き上げた夜光貝に金具を付ければ、アクセサリーの完成。体験当日に持ち帰りができることもうれしいポイントです。

世界にひとつだけの夜光貝アクセサリー

この夜光貝磨き用パーツには、夜光貝1個から1つしか切り出すことのできない貴重な部分を使用。光り輝く乳白色とエメラルドグリーンの混ざり具合は、夜光貝によって異なるまさに自然のオリジナルデザインです。世界にひとつだけの夜光貝アクセサリーができあがります。

温もりある癒しの空間「夜光貝工房ブルーシェル」。雨の日でも晴れの日でも楽しめる夜光貝磨きは、徳之島でおすすめの体験型アクティビティです。旅の思い出として、大切な人への贈り物として、夜光貝アクセサリーを作ってみてはいかがでしょうか?

■料金
 2,600円/7歳~12歳2,100円

■体験時間
 約1時間30分

■準備するもの
 タオル

■夜光貝工房ブルーシェル
 住所 鹿児島県大島郡徳之島町亀津813
 電話 0997-83-0478
 携帯 080-3206-0620
 体験時間 10:00~12:00/14:00~16:00
 定休日 不定休

タイトルとURLをコピーしました